2016050602-top
Macをデフォルト設定で使用している場合、テキストファイルを開くとテキストエディットというアプリが起動してしまいます。しかし、最近、テキストエディタをCotEditorに変更しました。

ブログを書くときは、テキストエディットよりも断然CotEditorの方が便利なんです。そこで、全てのテキストファイルを開く時にCotEditorが常に起動するように設定を変更したい!となるわけです。

ということで、本日は、テキストファイルを開くときは、いつもCotEditor(任意のアプリ)でファイルを開くように設定を変更する手順をご紹介します。

 

[スポンサーリンク]

 

任意の拡張子を好きなアプリでいつも開く設定変更する手順

まずはじめに、任意のテキストファイルをcontrolキーを押しながらクリックします。次に下記の画像の通りメニューが表示されますので、「情報を見る」をクリックします。
2016050602-01

 

次に任意のファイルの情報画面が表示されたら、「このアプリケーションで開く」をクリックします。
2016050602-02

 

プルダウンのリストの中から、任意のアプリをクリックします。今回は、CotEditorを選択します。
2016050602-03

 

そして、最後に「すべてを変更…」ボタンをクリック。
2016050602-04

 

すると、下記の画像の通りのメッセージが表示されます。そして、「続ける」をクリック。
2016050602-05

 

以上で、設定変更完了です!

 

「Macで任意の拡張子を自分の指定したアプリで、常に開くように設定を変更する手順」のまとめ

頻繁にいじる設定ではないので、いざという時にいつも忘れてしまいます(汗)。テキストファイルだけではなく、動画ファイルを任意のプレイヤーで開きたい場合などにも使える設定変更手順です。初心者Macユーザの参考になれば幸いです!