applewatch2015021803top
Appleが4月に発売を予定している「Apple Watch」の出荷台数は第1四半期だけで500万台〜600万台になり、アジアのサプライヤーにこの台数の製造を委託したとウォールストリートジャーナルが報じていますよ。

 

[スポンサーリンク]

 

さらには、3モデルあるApple Watchの出荷台数の内訳に関しても報じています。仮に出荷台数を600万台と仮定した場合、半分の300万台がエントリーモデルの「Apple Watch Sport」、続いて、ミドルレンジの「Apple Watch」は、200万台。そして、100万台が最も高価な「Apple Watch EDITION」になるそうです。

先日、当ブログでも書きましたが、ボディが18金でディスプレイがサファイアクリスタルと言われている最も高価な「Apple Watch EDITION」は、4000ドル以上になるとウォールストリートジャーナルは伝えています。

いくら何でも、4000ドル以上する時計が100万台も売れるものなんですかね?個人的にも「Apple Watch」には興味津々ですし、お小遣いが許せば(笑)欲しいなと思ってはいるんですが・・・。ただ、ウォールストリートジャーナルは、中国での需要が伸びると予想されるので、出荷台数はもっと増える可能性があるとしています。

(via ウォールストリートジャーナル