20140624iPhoneカメラ位置情報設定_top
iPhoneで写真撮影した場合、設定をしっかり確認しておかないと、撮影した画像ファイルに知らず知らずのうちに、位置情報が付与してしまっていることがあります。位置情報を付与する設定のまま、自宅で撮影した写真をSNSなどにうっかり投稿してしまって、自分の意図しない所で自宅住所がばれてしまう、、、なんてことも、ないことはありません。

そこで、本日はiPhoneで写真撮影する際に、位置情報を付与しない設定に変更する手順をご紹介します。

 

[スポンサーリンク]

 

iPhoneで写真撮影する際に位置情報を付与しない設定方法

まずはじめに、「設定」の「プライバシー」をタップ。
20140624iPhoneカメラ位置情報設定_01

 

次に「位置情報サービス」をタップ。
20140624iPhoneカメラ位置情報設定_02

 

最後に「カメラ」の項目をオフにすれば、設定完了です!これで、写真撮影しても位置情報は付与されません。
20140624iPhoneカメラ位置情報設定_03

 

iPhoneで写真撮影する際に位置情報を付与しない設定方法のまとめ

旅行先での写真なんかには、位置情報を付与したい!というケースも、もちろんあるかと思います。位置情報のオン/オフ設定手順をしっかり覚えておいて損はありませんよ。何はともあれ、SNSへの画像投稿は、くれぐれも慎重に!