20140430-top
ブログやサイトを開設した際に、アクセス解析にGoogleアナリティクスを導入している人は多いと思います。デフォルトの設定だけでもPV数やセッション数など確認できる項目もありますが、Googleアナリティクスの特徴は、自分のサイトに合わせて色々な設定ができる点にあります。デフォルト設定のまま使用しているのは、もったいないですよ。

デフォルトのままGoogleアナリティクスを使用していると、自分自身のアクセスも含まれてしまいます。アクセス数の多いサイトであれば、自分自身のアクセスがあっても大した影響はありませんが、開設したばかりのサイトでアクセスが少ない場合は、影響が大きくなってしまい、サイトの正確な状況を把握できなくなってしまいます。

そこで、本日はGoogleアナリティクスの各種数値から自分自身のアクセスを除外する設定方法をご紹介します。

 

[スポンサーリンク]

 

自分自身のアクセスをIPアドレスで除外する設定方法

IPアドレスで区別して、アクセス解析から除外する方法が一般的だと勝手に思っているのですが、固定のIPではない場合は、下記に紹介する「Cookieで除外する設定方法」を試してみてください。

まずはじめに「アナリティクス設定」から「フィルタ」を選択します。
20140430-01

 

「新しいフィルタ」をクリック。
20140430-02

 

すると、下記のような画面が表示されます。

「フィルタ名」に任意の名前を入力します。次に「規定のフィルタ」、「除外」、「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択します。そして、IPアドレスを入力します。最後に「保存」ボタンをクリックすることをお忘れなく!
20140430-03-02

 

自分自身のアクセスをCookieで除外する設定方法

ポケットWIFIなどを利用していて、IPアドレスが動的な場合は、Cookieを利用すると便利ですよ。しかし、Cookieを利用する場合の注意点は、ブラウザからCookieを削除してしまうと、ココで設定した情報はリセット(無効)となってしまいます。

上記のIPアドレスで紹介したのと同様に、「新しいフィルタ」をクリックして下記の画面を表示させます。

上から順番に任意の「フィルタ名」を入力。「フィルタの種類」では、「カスタムフィルタ」、「除外」を選択。次に「フィルタフィールド」には「ユーザー定義」と入力。そして、「フィルタパターン」には、「test_value」と入力。最後に「大文字と小文字を区別」で「いいえ」を選択して設定を保存すればOKです。
20140430-04

 

フィルタの設定が完了したら、下記のようなソースを記述したページを作成します。
[html]<html>
<head>
<title>Googleアナリティクス 自分自身のアクセス除外</title>
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
</head>
<body onLoad="javascript:_gaq.push([‘_setVar’, ‘test_value’]);">
<p>Cookieで除外するページ</p>
</body>
</html>[/html]

 

作成したページをサーバーにアップして、いつも使用しているブラウザからこのページにアクセスすれば、設定完了です。ただし、アクセスするブラウザの設定が「Cookieが無効」になっていると、意味がないので注意して下さい!

 

本日のまとめ

サイトが上り調子の時は、大まかなアクセス解析でも問題ないかもしれませんが、何かの原因でアクセスが落ちてしまった時にこそ、普段から解析をしている意味が発揮されると考えています。各種正確な数値を、正しい角度から分析をしないと、アクセスが落ちてしまっている原因を追求することは難しいです。

Googleアナリティクスでどのような設定を行えば、どのような数値が見ることができるのかは、「転ばぬ先の杖」として、自分の知識として蓄えておきたいです。