と~っても寝苦しい夜が続いています。本当にうんざりしますね。皆さんは十分な睡眠時間を取れてますか?私はこの夏ずーっと、起床時は体が重く、とてもつらいんです。6時間程度はベッドに入っているはずだから、睡眠不足ではないはずなのに、1日中眠い・・・。

これって、気持ちの問題?それとも、よく眠れてないのか?このような状態が続いては日中の活動にも支障をきたしてしまいます。そこで、私は睡眠ログをとることで、自分の睡眠を見直してみようと思いました。

そして、見つけたアプリが、本日ご紹介するアプリ「Sleep Time」です。この「Sleep Time」は睡眠時間と同時に眠りの深さも記録してくれるのです!

20130815_logo

  • Sleep Time – Alarm Clock and Sleep Cycle Analysis with Soundscapes
  • カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス
  • 開発:Azumio Inc.
  • iPadもOK!
  •  

     
    DL18

    まずは初期設定からどうぞ!

    アプリを立ち上げ、最下部にある「Settings」をタップすると、下のような初期設定画面になります。
    IMG_2119
    まずは、「Ringtone」。この項目で、アラーム時にならす音の設定ができます。私の場合は、シンプルにAlarmを設定。次が「Alarm Volume」。私は最大音量にしています。寝起きが悪いもので・・・w。そして、「Vibration」。アラーム時にバイブレーションさせるかどうかを設定。私は、バイブするように設定にしています。

    ちなみに、バイブするような設定をすると、上の画面のような英文が現れます。ざっくり、英文内容を説明しますと、、、バイブ設定をONにした場合、「AirPlay」設定をONにしないで、ヘッドフォンやスピーカーにつないだままにしたりすると、アラーム設定した時刻にバイブしなくなっちゃうよ、、、
    という意味です。たぶん・・・www。

    さらに、下にスライドすると下のような画面になります。
    IMG_2121
    「Snooze」では、文字通りスヌーズ設定を行うことができます。私の場合は、目覚ましを設定した時刻から10分後に、改めてアラームがなるようなスヌーズ設定を行いました。さらに、「Auto」にチェックを入れておくと、アラームが鳴る間隔を徐々に短くしてくれます。

    IMG_2122
    「Alarm Stop」では、私は「Hold for Off」にチェック。これは、通常、アラームは、アラーム時に画面に表示される「アラームを止める」をタップするか、ホームボタンを押せば、アラームを止めることができます。私の場合は、寝ぼけてアラームを止めてしまって、結局、遅刻・・・ということが何度もあるので、3秒間「アラームを止める」をタップし続けないとアラームが止まらないような設定にしました。

    IMG_2123
    そして、最後に「Wake Up Phase」を設定。私は、0minutesにチェック。これは、アラーム設定時刻の何分前からアラームが鳴りだすかを設定することができます。これで設定完了。あとの項目は無視しても大丈夫です。

    実際にアラームをセット!そしてログを取ってみよう!!

    アプリ最下部の「Alarm」をタップすると下記のような画面になります。
    IMG_2124
    起きる時間を設定して「Start」をタップ。そのまま、iPhoneのホームボタンを押さずに放置します。すぐに画面は暗くなります。

    睡眠ログの見方

    IMG_2125
    上画像は、私の実際に8月9日~8月13日までの睡眠ログが表示されています。「Bed time」は、5日間のアラーム設定時間の平均時刻。「Duration」は平均睡眠時間。「Efficiency」はアラームを設定してから、解除した時間のうち、眠ることができた時間の割合です。

    これは、私の感覚値なのですが、おおよそ睡眠ログは正しく記録されているように思えます。水色の「深い眠り(ノンレム睡眠)」の時間が長いと次の日は、比較的スッキリ起きることができます。私の場合は、睡眠中、途中で起きないような工夫が必要と判断しました。

    IMG_2126
    さらに下に画面をスライドさせると、日別の睡眠ログの詳細をみることができます。

    まとめ

    自分の睡眠ログをみてみると結構面白いですよ!

    睡眠ログを取ることで、自分の睡眠の質に関して、考えるきっかけになると思います。私の場合は、クーラーがタイマーで切れるとすぐに1回起きてしまいます。私はこれを避ける対応策として、設定温度を少し高めにしてクーラーをつけっぱなしにしてみました。そうしたら、多少、朝起きる時、楽になったような気がします。

    いきなり全てが解決することはできないと思います。日々の睡眠ログを取りながら、少しずつ睡眠の質を上げて、この夏を乗り切りたいです!
    皆さんも是非、試してみてください!!

    20130815_logo

  • Sleep Time – Alarm Clock and Sleep Cycle Analysis with Soundscapes
  • カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス
  • 開発:Azumio Inc.
  • iPadもOK!
  •  

     
    DL18