20131001_top
こんにちは!@cyankuuuuuです!!

iPhoneから、アプリをダウンロードする際に必ず要求されるのが、パスワードの入力。セキュリティのことを考えて複雑にすればするほど、入力が面倒臭くなってしまいます。本日はこのジレンマを解消してくれるアプリ、「1Password」をご紹介します。

「1Password」はWEBサービスのログインID&PASSのほかにも、Wi-Fiのパスワード、クレジットカード、さらには銀行口座まで、重要な個人データを全てこのアプリで管理できちゃいます。そして、DropboxやiColudを使用して、iPad、PCとも登録情報を同期することもできるのです!

このアプリ見るからに便利そうなのですが、iPhoneアプリの中では、とっても高額です(涙)。給料日前の厳しい時期に、なぜかこのアプリへの好奇心に負けてしまい、恐る恐る購入してみましたw。ちょっくら、レビューしてみます。

20131001_logo

  • 1Password
  • ¥1,600
  • 開発: AgileBits Inc.
  • カテゴリ: 仕事効率化
  • iPadもOK!
  •  

     

    DL18

    「1Passwordの初期設定方法」アプリを起動する際に使用するマスターパスワードを設定!

    まずは、このアプリを起動する際に使用するマスターパスワードを設定します。このパスワードを忘れてしまうと、アプリ内のデータを初期化(データを全て削除)しなければならなくなるので、注意してください!

    それでは、1Passwordの初期設定をご説明します。
    まずは、「新規1Passwordユーザーです」をタップ。
    IMG_2377

    次にアプリの簡単な説明画面になります。右にスワイプしていきます。
    IMG_2378

    下の画面になったら、iColudの同期するかどうかを選択します。これは、後ほど設定を変更することも可能です。
    IMG_2381

    「使い始める」をタップします。
    IMG_2382

    マスターパスワードを入力します。
    IMG_2383

    そして、もう1回同様にパスワードを入力。
    IMG_2385

    最後にパスワードのヒントを入力します。ココは何も入力しないでも大丈夫です。
    IMG_2386

    これで、マスターパスワードの設定が完了です。
    IMG_2387

    試しに「1Password」にApple IDを登録してみました

    初期設定が完了すると、下のような画面になります。ここで先ほど登録したマスターパスワードを入力して、アプリを起動させます。
    IMG_2389

    次に下のような画面になります。ここで、試しに私のAppleIDを登録してみようと思います。そこで、画面に下部にあります。「カテゴリー」をタップします。
    IMG_2390

    次に画面右上の「+」をタップ。
    IMG_2391

    下の画面のある、カテゴリーの中から任意のカテゴリーを選択します。今回は、「ログイン」を選択しました。
    IMG_2392

    次にタイトル(何のIDとPASSがわかるような名前)、ユーザー名とパスワードを登録することができます。入力が完了したら、画面右上の「完了」をタップすれば、登録完了となります。
    IMG_2393

    登録後は、パスワードの部分をタップすれば、簡単にパスワードをコピーすることができます。
    IMG_2394
    これで、iPhoneアプリをダウンロードする際に求められるパスワードは、ここでコピーしたものをペーストするだけでダウンロードできるようになりました!

    「1Password」のまとめ

    このアプリ、高価なだけあります!期待以上の働きをしてくれそうです!!本日ご紹介した内容は、「1Password」の基本の「き」です。まだまだ色々なことができそうです。そうとう使い倒さないと、このアプリの本当の良さは分かりそうにありません(汗)。明日は、「1Password」に登録した内容をiPad&PCと同期する方法をまとめたいと思います。

    20131001_logo

  • 1Password
  • ¥1,600
  • 開発: AgileBits Inc.
  • カテゴリ: 仕事効率化
  • iPadもOK!
  •  

     

    DL18