iPhone所有者がiPadを購入したら、はじめにダウンロードすべきアプリかもしれません。本日ご紹介するアプリは、万が一iPhoneを失くしてしまったら、他のiOSデバイス上から所在地を探したり、データを保護したりすることができるアプリ、「iPhoneを探す」です。

20130826_logo

  • iPhoneを探す
  • カテゴリ:ユーティリティ
  • 開発:Apple
  • iPhone、iPadの両方に対応
  •  

     

    DL18

    アプリ名がストレートすぎます・・・w。それでは、簡単に操作方法を!

    「iPhoneを探す」の使用方法

    まずは、AppleIDとパスワードを入力。
    IMG_0019

    地図上にiPhoneの紛失場所を表示してくれます。
    IMG_0020

    複数のアップル製品を所有していて、地図上に表示されているものが紛失したものでなければ、
    画面左上のデバイスをタップすると、下の画像のように紛失したモノを選択することができます。
    IMG_0027

    そして、実際に紛失してしまったiPhoneをタップすると、
    IMG_0028

    紛失してしまったiPhoneに向けて、リモートでサウンドを再生させてたり、
    iPhoneを紛失モードに切り替えたりすることができます。
    ちなみに、本当にサウンドを再生してみると、iPhoneは下の画像のようになります。
    当然ですが、マナーモードでもちゃんと警告音はなります。
    IMG_2166

    そして、紛失モードを使用すると、紛失してしまったiPhoneが他者に使用されないように、
    ロックをすることができます。

    まとめ

    当たり前の話ですが、いくら「iPhoneを探す」を使用しても、
    紛失したiPhoneを追跡したり、ロックできるのは、iPhoneのバッテリーが残っている間のみです。
    紛失したら、すぐに対応できるようにiPadを購入したら、すぐに「iPhoneを探す」をダウンロードしましょう!

    20130826_logo

  • iPhoneを探す
  • カテゴリ:ユーティリティ
  • 開発:Apple
  • iPhone、iPadの両方に対応
  •  

     

    DL18