20131220_top

 

こんにちは!@cyankuuuuuです!!

ネットでショッピングする際に、購入商品の郵送先の住所を入力しますよね。iPhoneでの文字入力がいまだに馴染めずにいるため、ネットショッピングはPCを使用していました。おそらく私のようなおやじ世代は、キーボードを使用した文字入力に慣れているため、iPhoneなどのタッチパネルでの文字入力は、時間がかかるわ、入力ミスは多発するわで、iPhoneでの文字入力が苦手です。

そこで本日は、iPhoneでショッピングするときや会員制のサイトに登録する時など、個人情報を入力する必要がある時に、入力の手間を省くことができる小技をご紹介します。知っていると得をするけど、知らなくても損はしないという当ブログのコンセプトにぴったりの情報ですw。

 

自分の情報を「連絡先」アプリに登録!

まずはじめに、「連絡先」アプリに自分の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、誕生日を入力します。
20131220_001

 

Safariの設定方法

次にSafariの「パスワードと自動入力」を設定します。
「設定」⇒「Safari」⇒「パスワードと自動入力」の順番でタップします。
20131220_002

 

「連絡先の情報を使用」をオンにします。そして、「自分の情報」をタップしてアドレス帳の中から先ほど「連絡先」アプリに登録した自分の情報を選択します。
20131220_003

 

以上で設定は完了です!

それでは、実際に個人情報の登録が必要なサイトで、設定が反映されてるかを確認してみます!例で楽天市場の会員登録ページで試してみます。アドレスを入力しようとすると、、、設定前にはなかった、「自動入力」が表示されてます!
20131220_004

 

この「自動入力」をタップすると!入力することなく、個人情報が文字通り自動で入力されます!これで、大幅に手間&時間が短縮できますね!みなさんも是非、お試し下さい!!

 

個人情報自動入力のまとめ

このSafariの自動入力機能は、注意しなくてはいけないところがあります。今回の楽天市場の会員登録を例にあげると、名前のフリガナを入力する箇所に、漢字の名前が入力されてしまっていました。どうやら、入力項目を間違える場合もあるみたいです(汗)。自動入力をした後に、入力が正しいかは毎回確認する必要があります。

しかしながら、私のメールアドレスは複雑で入力がとても面倒だったので、このアドレス入力が省力できるだけでも、だいぶ助かってます。まだまだ精度には難はありますが、知っておいても損はない小技ではないでしょうか?