docomo2015021702top
NTTドコモが、新たに割安料金で通信サービスを提供するMVNOを開始することを検討していると、ブルームバーグのニュースインタビューで、明らかにしました。

 

[スポンサーリンク]

 

MVNOとは、自前の回線設備を持たずに他の通信事業者から回線を借りて、独自のサービスを展開する企業のことです。世間では格安SIMとほぼ同義語で使われています。

ブルームバーグのインタビューに回答した、財務担当の常務執行役員、佐藤啓孝氏は、新サービスとしてMVNOを開始するかどうかは、市場規模や採算性などを考慮する必要があると話したそうです。また、参入時期などに関しては、具体的なことは決まっていないとも話しました。

ドコモといえば、「2015年3月期の連結業績(米国会計基準)は、営業利益が6500億円前後に減少し、上場以来初めて携帯大手3位に転落」というニュースが話題になったばかり。今回のMVNOのニュースは、ドコモの強い危機感を感じます(汗)。ユーザーにとっては、お得な選択肢が増えることはとっても良いことなので、早くサービスを開始して欲しいですよね。