vaio2015030103top
ソニーから独立分社化したVAIOと日本通信が協業で開発していた「VAIOスマートフォン」の全貌が3月12日に明らかになりますよ。

 

[スポンサーリンク]

 

VAIOスマートフォンの正式名称は「VAIO JCI VA-10J」。今のところ、公式な発表では「VAIO JCI VA-10J」の詳細なスペック、機能、価格、デザインなどは一切明らかになっていません。唯一の情報は、simフリー端末になるということのみ。

1月30日に開催された2014年度第3四半期決算発表の席上で、日本通信の福田尚久副社長は、次のような発言をしています。

現在のMVNO市場においては、ブランド力が低いメーカーのスマートフォンか、ノーブランドのスマートフォン、あるいはブランド力がある日本メーカーの製品の場合には、既に携帯事業者が1年前に販売した型落ちのスマートフォンしか選択肢がない。

自分が欲しいスマートフォンを選択するのではなく、仕方なくスマートフォンを選択している状況が生まれている。その結果、安かろう、悪かろうのイメージが生まれ、格安スマートフォンが氾濫する結果になっている。これはMVNOにとって危機的状況にある。

こうしたMVNOの課題を払拭する契機になるのがVAIOブランドのスマートフォン。MVNO市場において際立った存在になると考えている

PC Watchより)

また、「GFXBench」がリークした「VAIO JCI VA-10J」のスペック情報によると、ミドルレンジ級の端末になることが予想されています。

  • 5インチHD(1280×720)液晶
  • Snapdragon 410(クアッドコア、1.2GHz)
  • 2GB RAM
  • 16GB ROM
  • 1200万画素カメラ
  • 480万画素フロントカメラ
  • Android 5.0
  •  

    何だかとっても期待がもてそうですよね?なにはともあれ、3月12日を待ちましょう!なお、日本通信株式会社のWEBサイトにて、メールアドレスを登録すると、「VAIO JCI VA-10J」の製品情報が受け取れますよ。次のスマホはsimフリー端末にしようと考えている人は、要チェックです!