20140115-top

 

こんにちは!@cyankuuuuuです!!

私は様々なWEBサービスに登録する際に、Gmailを使用しています。どんなWEBサービスでも登録すると、もれなく付いてくるのがメルマガ。私のGmailは、毎日とんでもない数のメルマガでカオス状態ですw。

こうなってくると、検索しやすいキーワードがメールタイトルや本文に含まれていないと、受信後時間が経ってしまうと、目当てのメールを見つけ出すのが、と〜っても難しくなってしまうんです(汗)。そこで、このような状況に陥らないための便利Chrome拡張があるんです!本日は、受信したメールの編集ができるChrome拡張「Signal」をご紹介します!

 

Chrome拡張「Signal」とは何??

Gmail内で受信したメールの編集をしたり、ハイライトを引いたりすることができる、Chromeの拡張機能です。必要最低限の文面のみを残す編集をしておけば、時間が経ってからメールを見返したときに一目瞭然。「これはなんのメールだっけ??」や「目当てのメールが見つからない!!」のような無駄な時間を省くことができますよ。
20140115-01

 

Chrome拡張「Signal」の使用方法

拡張機能追加後、はじめてGmailを開くと下記のような画面になります。「Authorize」をクリック。
20140115-02

 

次に「承認」をクリック。これで、初期設定は完了です。
20140115-03

 

任意のメール開くと、、、「Edit」、「Highlight」、「Restore」のボタンが追加されてます。
20140115-04

 

「Edit」は、編集機能です。必要事項を追記したり、不必要な箇所は削除できます。「Edit」をクリックすると、「Editing」という表示にかわります。この表示に際に編集作業が可能となります。編集作業が完了したら、「Editing」をクリックすると編集後のメールが保存されます。
20140115-05

 

次に「Highlight」。メールの重要な箇所を選択後、「Highlight」をクリックすると、他の文章が全て隠れます。「Highlight」を使用すれば、どんな内容のメールなのか一目瞭然!
20140115-06

 

最後に、「Restore」。編集、ハイライト後のメールを元の文面に戻してくれるのが、「Restore」です。「Restore」機能があるので、安心して編集できますよ!

 

Chrome拡張「Signal」のまとめ

カオス状態の中から、目当ての情報を探し出すのは、すこぶる面倒くさく、とっても時間が掛かってしまいます。この無駄な時間を大幅に削減できるのは、本当に助かります。皆さんも是非、Chrome拡張「Signal」をお試しください!

しかし、どのWEBサービスも本当にメルマガが多いですね・・・。