20140621enno-top
ブロガーをはじめ、頻繁に長文メールを書く人には、おすすめのWEBサービスですよ。本日は、「Enno」というWEBサービスをご紹介します。「Enno」は、日本語のあからさまなエラー (タイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化け) を自動チェックしてくれるWEBサービスです!

 

[スポンサーリンク]

 

WEBサービス「Enno」の使い方!

「Enno」はユーザー登録不要で日本語のエラーをチェックしてくれるWEBサービスです。また、日本語に英語などの他の言語の文やソースコードを含めることもできちゃいます!しかも、エラーのパターンも常時追加されてます!

使い方は簡単!下記のスペースにチェックをかけたい文章を貼り付けるだけです。
20140621enno-01

 

それでは、実際に下記の文章の日本語チェックをしてみたいと思います。分かりやすいように、わざとらしい間違いを混ぜた文章を作成してみました。

例文:
日本中がワールドカップに注目しています。 
昨日のギリシャ戦はとても残念結果でした。ギリシャ代表は一人退場してたのにもかかわらず,なかなか得点を上げられませんでたた。次の試合のコロンビアは、グループで最も強い相手ですが、奇跡を起こしてほしいです。決勝トーナメント進出の可能性が1%でもあるかぎり、私は応援し続けと思います!

文章をコピペして、「タイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェックする」という青いボタンをクリックすると、チェックが開始します。
20140621enno-02

 

下記の画像の通り、日本語が間違っているだろう箇所が黄色くマークされます。間違っている理由まで明記してくれるのは便利ですよ!
20140621enno-04

 

日本語チェックWEBサービス「Enno」はコチラ!
20140621enno-03

 

WEBサービス「Enno」のまとめ

完璧とまでは言いませんが、単純なタイプミスや文法ミスなどは見つけてくれそうです。ユーザー登録が必要ないので、サクっと文章チェックしたい時には、おすすめのWEBサービスです。みなさんも是非、お試しください。

ただし、許可や同意を得ていない社内の非公開文書や個人情報を含む文書は、安易にWEBサービスを使用しないほうが良いですよ!