2015041102Kindleストアセールtop
Kindleストアにて、先日、第12回本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんのファンタジー長編小説「鹿の王」をはじめ、第12回本屋大賞第5位の「土漠の花」など話題のタイトルがお得に購入できちゃう「最大40%ポイント還元セール」が開催中ですよ。セール対象のタイトルは、11件、セール期間は不明です!急いでチェックしてみて下さい!!

  • 最大40%ポイント還元セール」はコチラから!
  •  

    [スポンサーリンク]

     

    ちなみに、今回のセールで気になったタイトルはこの3冊!


    鹿の王(上下合本版) [Kindle版]

    上橋 菜穂子 (著)


     


    土漠の花 [Kindle版]

    月村了衛 (著)


     


    ハリー・クバート事件 上 [Kindle版]

    ジョエル・ディケール (著)、橘 明美 (翻訳)

     

    私は芥川賞作品は必ず読むようにしています。しかし、本屋大賞受賞作品を読んだことがありません。本屋大賞はドラマ化や映画化がされて、さらには、多くのテレビ番組で取り上げられています。ですので、読んだ気になってしまうからかもしれません。

    あくまでも個人的なイメージですが、本屋大賞受賞作品を読んでいると、「流行に敏感な人」っていうポジティブなイメージがありますが、芥川賞作品を読んでいると根暗な人、または気むずかしい人っていう、ネガティブなイメージがありませんか?なんだろう、このイメージの差って??

     

  • 最大40%ポイント還元セール」はコチラから!
  •