2015011202win10-top
1月21日にマイクロソフトが、時期OS「Windows10」に関するイベントを開催することが先月発表されました。本日は、一足先に「Windows10」に搭載される新WEBブラウザに関しての噂をご紹介します。

 

[スポンサーリンク]

 

ZDNnetによると、「Windows 10」ではInternet Explorerとは異なる新しいWebブラウザを搭載されるそうです!コードネームは「Spartan」。見た目は、現行のInternet ExplorerよりChromeやFirefoxに近くなる、とのこと。

さらに、IT mediaニュースでは、新WEBブラウザ「Spartan」の主な3つの機能に関して報じています。

まず1つ目が、

表示したWebページにスタイラスで手描きの注釈を追加し、注釈付きのWebページをOneDriveで保存し、共有できるようになるという。OneDriveに保存できるということは、共有するユーザーはSpartan以外のWebブラウザでも注釈付きのWebページを閲覧できるということになる。
(IT mediaニュースより)

※スタイラスとは、タブレットなどで使用するペン型の入力装置のことです。

 

そして、2つ目が、

Windows Phone 8.1に搭載された「Cortana」の統合。検索エンジン「Bing」をベースに、Google Nowと同様にユーザーの連絡先やカレンダー、検索履歴などに基いてパーソナライズした情報を提供する
(IT mediaニュースより)

※「Cortana」(読み方:コルタナ)とは、iPhoneでお馴染みの「Siri」やGoogleの「Google Now」と同じような音声によるパーソナルアシスト

 

最後に3つ目が、

タブのグループ化など、柔軟なタブシステム。個人的に使うタブのグループと仕事用タブを簡単に分離するといったことができる
(IT mediaニュースより)

 

「Windowsの新OS「Windows10」ではInternet Explorerがなくなっちゃうの!?」のまとめ

新WEBブラウザ「Spartan」の主な3つの機能の噂の真偽は、1月21日のイベントまで待つしかありませんが、AppleやGoogleの動きを見れば、十分に可能性がある機能ばかりですよね。iPhoneユーザーがMacであると便利なように、Windows10では、Windows Phoneユーザーがより便利になるような仕様になるんですね!

私の周りには、Windows Phoneユーザーがいないんですよね〜。最近Windows Phoneに大変興味があるんですが、使用感はどのような感じなんですかね?