20140415-top
当ブログは個人的な、ただの趣味で運用しているブログではあるんですが、レンタルサーバーのトラブルやハッキングなどの被害にあって、ブログのデータが全て消失してしまい復旧ができない・・・ということが万が一起きたら、ショック過ぎます(涙)。そこで、本日はサーバーのファイルとデータベースを定期的に自動バックアップしてくれる、ワードプレスのプラグイン「BackWPup」をご紹介します。

 

[スポンサーリンク]

 

ワードプレスのプラグイン「BackWPup」の設定方法

まずはじめに「BackWPup」のインストール手順をご紹介します。ワードプレスの管理画面のメニュー、「プラグイン」から「新規追加」を選択します。検索窓にて「BackWPup」を検索します。
20140415-01

 

「BackWPup Free-WordPress Backup Plugin」の「いますぐインストール」をクリックします。
20140415-02

 

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックします。すると、下のような画像が表示され、画面左側のメニューに「BackWPup」という項目が追加されます。
20140415-03

 

次に「BackWPup」の各種設定を行いまので、「Add new job」をクリックします。下のような設定画面が表示されます。
20140415-04

 

「DB Backup」タブをクリックすると、バックアップを取るべきデータベースのテーブルの一覧が表示されます。はじめから、いくつかの項目にチェックが入っていると思いますが、私は基本的にデフォルトのままです。追加でバックアップを取る必要のあるテーブルがある場合は、この画面で設定することが出来ます。
20140415-05

 

次に「Files」タブをクリックすると、バックアップを取るファイルが表示されます。こちらもデフォルトでチェックが入っているもので問題ないかと思います。
20140415-06

 

次に「General」タブ。項目名「Job Name」、「Job Tasks」、「Backup File Creation」、「Log Files」は、デフォルトのままで問題ないかと思います。「Job Destination」という項目は、バックアップファイルの保存場所を設定する項目です。デフォルトでは、どこにもチェックが入ってないので、任意の項目にチェックいれましょう。私は、「メールに添付する」にチェックを入れました。
20140415-07

 

「General」タブでは、デフォルトの設定から変更したので、画面最下部にある青いボタン「Save change」をクリックするのを忘れないように!
20140415-08

 

最後に「Schedule」タブ。ここではバックアップを取るスケジュールを設定します。私は、毎回、手動でバックアップをするため、デフォルト設定のままです。
20140415-09

 

これで、「BackWPup」の初期設定は完了です(汗)。明日のエントリーでは、実際に手動でバックアップを取る手順をご紹介します!