20140504EWWW Image Optimizer-top
ブログのページ表示スピードの重要性に関しては、みなさんも周知の事実だと思います。本日は、先日紹介しましたプラグイン「WP File Cache」に続いて、「EWWW Image Optimizer」をご紹介します。

  • 2014年4月28日のエントリー
  • ページ表示高速化系ワードプレス プラグイン「WP File Cache」

     

    [スポンサーリンク]

     

    WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」って何?

    記事に使用する画像の容量サイズを小さくすることで、ブログ全体的には大きな削減になります。これが、ページ表示速度の向上につながります。しかし、毎回、使用する画像をいちいち圧縮していたら、面倒臭いです。そこで、役に立つのが「EWWW Image Optimizer」です。

    「EWWW Image Optimizer」は、これからアップロードする画像だけではなく、過去にアップロードした画像もまとめて圧縮してくれるプラグインなのです!

     

    WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」をインストールしてみました!

    まずはじめに、インストールする前の当ブログのページ表示速度を確認します。毎度お馴染みの「GTmetrix」で表示速度を計測しました。

    20140504EWWW Image Optimizer-01

  • Page load time: 7.44s
  • Total page size: 2.02MB
  • Total number of requests: 156
  •  

    それでは、インストールしてみます。
    20140504EWWW Image Optimizer-02

     

    プラグインをインストールして有効化すると、管理画面の「設定」に「EWWW Image Optimizer」が追加されます。「EWWW Image Optimizer」をクリックすると、下記のような設定画面が表示されます。
    20140504EWWW Image Optimizer-03

     

    設定の変更が必要な項目は、Optimization Settings の 「Remove metadata」にチェックを入れます。「Remove metadata」は画像ファイルに不要なメモなどがくっついている時に、自動的に除外してくれるものです。その他の項目は、デフォルトのままで良いと思います。
    20140504EWWW Image Optimizer-04

     

    過去に掲載した画像を一括で圧縮する手順

    管理画面「メディア」に「Bulk Optimize」が追加されてます。「Bulk Optimize」をクリックすると下記のような画面が表示されます。「Import Images」をクリックします。
    20140504EWWW Image Optimizer-05

     

    そして、再度「Bulk Optimize」をクリックすると、下記のような画面が表示されます。「Start optimizing」をクリックすれば、過去の画像が一括で最適されます!
    20140504EWWW Image Optimizer-06

     

    すると、過去全ての画像の最適がスタートしますよ。当ブログは全記事に複数枚の画像を掲載しているので、全部で40分くらい掛かりました。長かった・・・。
    20140504EWWW Image Optimizer-07

     

    WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」のまとめ

    再度、「GTmetrix」で表示速度を計測してみました!
    20140504EWWW Image Optimizer-08

  • Page load time: 5.77s
  • Total page size: 2.03MB
  • Total number of requests: 156
  • 7.44s→5.77sと、少し改善されました。当ブログの場合、まだまだ改善するべき点は、たくさんあるので、一つずつ潰していかないと・・・。WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」はとても便利なプラグインなので、皆さんも是非お試し下さい!