20140501-top
ワードプレスを使用したブログ記事でHTMLやCSS、PHPなどのソースを公開したい場合は、「SyntaxHighlighter Evolved」というプラグインを使用すると便利ですよ。本日は、ワードプレスのプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」をご紹介します。

 

[スポンサーリンク]

 

ワードプレスのプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」とは?

プラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」を使用すると、HTMLやCSSなどのコードの種類によって、タグを自動的に色分けしてくれます。また、行番号をつけられたり、読者が表示されたソースを簡単にコピーできるようになりますよ。
20140501-01

 

ワードプレスのプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」を早速インストールしてみました!

ワードプレスの管理画面の左側のメニューから「プラグイン」の「新規追加」から「SyntaxHighlighter Evolved」を検索。インストールして、有効化します。
20140501-02

 

プラグインを有効化すると、ワードプレスの管理画面の「設定」の「SyntaxHighlighter Evolved」を選択すると、「SyntaxHighlighter Evolved」の設定画面が表示されます。
20140501-03

 

この設定画面で、自分の好みに合わせて設定行います。設定内容に関しては、各項目が日本語なので、わかりやすいですよ。また、デフォルトのまま使用しても問題ないかと思います。
20140501-04

 

ブログでソースコードを書く時は、表示コードを[html]と[/html]、[css]と[/css]、[javascript]と[/javascript]、[php]と[/php]などで囲みます。
20140501-05

 

すると、こんな感じで表示されます。
20140501-06

 

ワードプレスのプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」のまとめ

プラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」を使用することで、ブログ表示速度が遅くなることはなかったので、ソースを公開するブログを運営している人には、外せないプラグインだと思いますよ。是非、お試し下さい。